当社は、昭和52年より「サマリヤマンション」シリーズを首都圏で数多く建設供給したサマリヤ興産株式会社(昭和60年5月、株式会社エール興産に商号変更)から平成12年6月に企画開発部門が分社独立化し、現在に至ります。(現在独立化したグループ各社とは業務提携関係にあります。)


 当社は、米国投資銀行や米国ナスダック市場に上場したリート(Real Estate Investment Trust、不動産投資信託)運営会社との戦略的提携をはじめ、不動産の証券化流動化や、業種横断的スキームを活用するなどの従来の枠組にとらわれない、様々な新しい発想による不動産コンピレーション事業と、これまでに手がけた数多くの土地開発・税務対策ノウハウを活かした複合的土地有効利用のあり方を企画提案し、具体化させてゆく不動産ソリューション事業を柱にして鋭意活動中です。


 また、JR酒々井駅西口駅前再開発事業(都市計画法に基づく酒々井駅西口駅前地区4.5ha地区計画)に関して、統括コーディネーターとして権利変換、税務対策、開発、設計、建設、分譲販売、管理等を包括する総合企画を担当しました。現在までに2棟のマンションが完成し、約200世帯にお住まいいただき、更に第3工区に商業施設および公共施設用地を設け、平成23年3月に完成いたしました。これによって住居と生活利便施設が共存した総合的な街作りが完成いたしました。